勘や技に頼ってギャンブルに勝つ時代は終わりを告げました。これからは情報で勝敗が決まります。しかも無料レポートの情報で・・・儲けるための情報をお伝えします
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無料レポート
【禁断の競馬投資法】



競馬知識皆無の専業主婦が、
時間にしてわずか8時間で、

主人の年収を超え、
16時間で980万円を獲得した。

この驚異の数字を何故、
短期間に達成する事ができたのか?

他に知りたい人はいませんか?

その証明を、リアルレースにて、お届けします。

【禁断の競馬投資法】:




●楽天の金融事業だけに投資する?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



ある小さな頃から理科だけはダントツ、飛びぬけてできる
友人がいた。


他の科目は全くだめ。


日本ではこんな人はダメだと言われる。



英語0点、数学0点、理科100点で平均33点より

英語50点、数学50点、理科50点で平均50点の方が

いいと評価されるからだ。


彼のような折角ずば抜けた才能を持っていても、埋もれて

しまうことが日本では多いのではないか。


幸い彼の場合は一芸入試で大学に入学し、大好きな化学を

一生懸命勉強して、今はある研究所で立派な博士になっている。



単なる平均点だけを見るのではなく、特性や特徴、得意な分野に

注目をして、それを伸ばすということは教育だけではなく

ビジネスでも投資でも同じではないか。





過去にダメになった大きな企業のことを思い出してほしい。


大きな企業やファンドが再生に名乗りを上げて、不採算事業

を潰して(それに伴い人員整理もする)・・・儲かっている事業

だけに力を入れる。



これが再生のパターンだ。

選択と集中とよく言われるがまさにそのとおり。



ダメになった会社もすべての事業がダメなわけではない。


当然、儲かっている事業もあるし、そうでない事業もある。

それを見極め、お金も人材も集中していく・・・




逆に、うまくいっている、成長している企業であっても

すべての事業が儲かっている場合は少ない。



ある有名ネット企業も利益の大半は金融事業から得て
いるということもある。




では、もし・・・ここにこんな投資スタイルがあったら

あなたはどう考えるか?







・会社ごとではなくて儲かる事業ごとにあなたが投資できる


・単なる決算の数字だけで投資を判断するのではなく
 投資する事業の詳細がわかる


・大きな投資ではなく小額で投資ができる


・会社に投資するわけではないので、儲からないと判断した
 事業にあなたの大切なお金が使われることがない


・投資する事業の実績が詳しく知ることができる


・投資する事業について詳しく十分に説明された資料やDVDが
 が無料でもらえる


・投資する事業は将来性がある


・投資する事業は安定性もある







まさにおいしいところ取りの投資といっていいのではないか?





「会社」ごとではなく「事業」自体を判断して投資をしていく・・・
あなたの大切なお金を投資するのには最適だとは思わないか?



会社単位ではなく、事業単位で投資をする・・・
これからの投資スタイルだと私は考える。





そもそもよく考えてみると


“会社”への投資というのはかなりアバウトだし

十羽一絡げ的な発想だと感じるのは私だけだろうか?



その会社を信じ・・・あるいはその会社の社長や経営者を

信じて投資はするものの

投資したお金がどう使われるか?はその会社次第。



我々は「結果」を見守るしかない。
普通は決算書を見るしかない。



一方、「事業への投資」は違う。


自分が伸びる、いいと判断した「事業」に自分のお金が

投資される。

自己責任型の投資と言ってもいいかもしれない。



では「事業」への投資を始めましょう!!!といいたいところ

だが、日本ではまだこの手の投資スタイルは少ない。



例えば・・・楽天の金融事業だけに投資するファンドや

ソフトバンクの携帯事業だけに投資するファンドが

もし存在して、我々庶民でも手に出せる金額で投資できたなら

私は間違いなくやるのだが・・・





数少ない「事業」への投資の1つ挙げられるのが

「ラブホテルファンド」なのだ。



まさにこのファンドは「会社」の株を買うスタイルではなく

「事業」に投資するもの。



人間の永遠の営みをサービスとする「ラブホテル事業」を

投資対象としている。



これから日本で増えると予想される「事業ファンド」のさきがけ

としてこのファンドを考えてみてはどうだろうか?



今ならファンドの関しての詳しいDVDと資料が無料でもらえる。

この無料の資料とDVDで事業ファンドの知識を増やし、あなた

の知識を増やしてはいかがだろうか?



無料DVDと資料はこちらをクリック
(クリックするとブログが表示されます。一番上のバナーかリン
クされている「ラブホに投資?」の部分をクリックしてください。
ラブホテルファンドの説明のページに飛びます)











送られてくる資料を見れば、この投資が以下のであることが

判断できるだろう。




・会社ごとではなくて、儲かる事業ごとに投資できる


・投資する事業の詳細がわかる


・大きな投資ではなく小額で投資ができる


・会社に投資するわけではないので、儲からないと判断した
 事業にあなたの大切なお金が使われることがない


・投資する事業の実績が詳しく知ることができる


・投資する事業は将来性がある


・投資する事業は安定性もある



無料資料はこちらをクリック
(クリックするとブログが表示されます。一番上のバナーかリン
クされている「ラブホに投資?」の部分をクリックしてください。
ラブホテルファンドの説明のページに飛びます)











競馬と投資と比べるのはどうかと思うが・・・



今までの「会社」に投資するというスタイルは競馬でいうと「馬」の

能力だけを信じて馬券を買うことに近いと私は考える。


オグリキャップのファンはどんなレースでもオグリキャップの馬券
を買う。



一方

走る距離や馬場、枠順やレースの展開を予想し、レースごとに

馬券を選ぶ方法もある。

この馬券の買い方は投資する「事業」を自分で判断して、会社では

なくて「事業」に投資する方法に近い。


「事業」に投資するラブホテルファンドの無料資料はこちら
(クリックするとブログが表示されます。一番上のバナーかリン
クされている「ラブホに投資?」の部分をクリックしてください。
ラブホテルファンドの説明のページに飛びます)










また「事業ファンド」に関して、知識を持っていれば・・・・

自分が投資をされる立場になったときにも、選択肢を広げる

こともできるのではないか。


何かの一つ覚えのように、「会社の株を買ってください」と

頼むだけがすべてではない。


自分が営む事業の可能性を説明し、ファンドを形成して資金

を得る・・・こんな機会がもっともっと増えるような気がして
ならない。


そんな意味でも事業ファンドの先駆け的存在である今回の
「ラブホテルファンド」は勉強になるに違いない。


自分が投資家の立場でも

投資を受ける立場になっても

今回送られてくる資料は絶対に勉強になると言っていい。



無料資料はこちらをクリック

(クリックするとブログが表示されます。一番上のバナーかリン
クされている「ラブホに投資?」の部分をクリックしてください。
ラブホテルファンドの説明のページに飛びます)




なお、法律の改定があり、今回の形でのラブホテルファンドの募集は

最後となる。

ファンドの申し込みまであと10日。

限定1,000口のみの募集なので、いっぱいになり次第締め切りに
なる。


やるとかやらないではないが・・・無料の資料請求は今すぐ!!!を
オススメしたい。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://winwin777.blog89.fc2.com/tb.php/50-8ec94263
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。